今日のこと。

ほとんど今日のことではありません。

愛情たっぷりの名前

着物の先生の親戚に、女の子が生まれた。

名前は、華代(はなよ)ちゃん。名付け親は華代ちゃんのおじいちゃんだそう。

 

華代ちゃんのお父さんとお母さんは、おじいちゃんに名前をつけてもらうと決めていて、最初は「花代」だったらしい。

 

というのも、おじいちゃんは「花代」という名前を考えていたわけではなくて、おばあちゃんのお墓詣りに持っていくお花の代金を忘れぬよう、「花代(はなだい)」と書いたメモをテーブルに置いた。

 

そのメモを見て、お父さんとお母さんは「あら、おじいちゃん。もう考えてくれたのね」と、字は変えたものの、はなよちゃんを採用。



おばあちゃんへの愛がたっぷりつまった、素敵な名前になったのだ。



名前はすごい。ほとんどの場合、一生変わらない。

一生、一緒に生きていく。

 

私の名前は、ひらがなで「みさき」という。

両親が岬(みさき)へ行ったとき、海が広くてきれいだったから、そんな広くてきれいな心を持った子になるようにと名付けたらしい。

 

両親のデートの思い出だなんて恥ずかしいけれど、結構気に入っている。



そういえば、小学生の時に飼っていた亀に、「カメロンディアス」と「ベッカメ」という名前をつけたけど、彼らは気に入っていたのだろうか。

 

呼びかけに答えてくれることは一度もなかったけど、気に入っていたと信じたい。