今日のこと。

ほとんど今日のことではありません。

忘れられないプレゼント

高校3年生のとき、誕生日プレゼントに小論文をもらった。

2月生まれなので、ちょうど受験前。頭がおかしくなったのか。

 

しかし内容はというと、「少子化」という社会問題をベースに、私の誕生がいかに素晴らしいかを壮大に論じた素晴らしい小論文だった。

 

大事にとっていたのに、引越しを繰り返すうちになくなってしまったのが残念だ。

 

 

小論文をプレゼントしてくれたのは同じクラスの友人で、私は同年代で彼女ほど知的でユーモアたっぷりに文を書く人を他に知らない。聞くと、小学生の時に学校の図書室の本を全部借りて読んだという。1冊残らず、全部。

 

ルールは1つで、同じ本は1冊と数えること。

人気の本は2〜3冊あるが、いずれか1冊借りて読めばいい。

 

この挑戦で大変なのは、お気付きの方もいるだろうが、辞書の存在である。彼女は辞書も1冊残らず借りたらしい。さすがに全部を読むことはなかったと言っていたけど。それでも、すごいと思う。

 

 

文章を書く力や、構成力、発想は、読書で養われるんだな〜と感じた瞬間だった。

 

 

先日彼女の結婚式に呼んでもらったが、両親への手紙はその集大成でもあるかのように、素晴らしいものだった。(私に語彙力がないから、素晴らしいとしか言えないのが残念!)

 

今までにいろいろなプレゼントを貰ったが、小論文は忘れられないプレゼントの1つだ。

 

 

そういえば、大学の時には「俺の野中さん(旧姓)に対する好感度(の推移)」というタイトルのグラフを貰ったこともある。(休学したあたりに一時急降下して、最後に挽回していた。挽回できてよかった!)

 

f:id:metooo:20181003201659j:plain

 

 

世の中には、面白いプレゼントを考える人がいるものだなー。

 

以来、プレゼントを贈るときは、ささやかなものであってもその人のことを考えて選ぶようにしている。もう少し豊かな発想力とそれを実現しうるスキルが身につけば、小論文やグラフにも挑戦していきたい。