今日のこと。

ほとんど今日のことではありません。

超ローカルなトルコ旅行

あまりツアー旅行に参加したことがない。ただ、友人が完璧なプランをたててくれたことはある。往復のチケットだけ手配すれば、あとはホテルも移動も全てお任せ。旅行は現地の友人に案内してもらうのがベストだ。


現地の友人が立てるプランというのは、決して観光客目線で素晴らしいわけではないけれど、地元の人しか知らない店やイベント、食事との出会いがある。


例えば、トルコ。

 

卒業旅行でトルコに行ったとき、トルコ人の友達が10日間のプランをたてて、全てガイドしてくれた。


彼女は高校の先生で、私のために10日間の休みをとった。10日も休みがとれるなんて羨ましい。一体どんな制度なんだろう。


彼女はアイシェといって、かわいらしい女性だ。私より年上だけれど、小学生みたいに小さい。しかし、芯が一本通っていて、凛としている。

 

そんな彼女が事前に送ってくれたプランには、4日目に謎の「court」という日が用意されていた。意味を理解しないままイスタンブールに到着し、やはり意味を理解しないまま4日目を迎えると、早速裁判所に連れていかれた。


アイシェの裁判だった。


私はザ・観光という旅行より、どちらかというと現地の暮らしを感じる旅行の方が好きだ。だけど、観光の間に裁判を挟むというプランは聞いたことがない。


聞くと、以前アメリカでトラブルがあった際の裁判だという。女性敏腕弁護士がやってきて、挨拶するなり「幸運を祈って!」とアイシェを連れて消えていった。


私はロビーで弁護士の助手(キュートな女性)と二人きり。彼女は日本語を話せないし、私はトルコ語を話せない。今となっては不思議だが、なぜかその時は二人で大盛り上がりだった。あっという間に1時間半くらい経ったと思う。


やがてドアが開き、勝ったらしいことが分かった。


すると、どこからともなく眉毛が繋がった少年が鳩を持ってやってきた。勝訴のお祝いなのか、鳩を飛ばすセレモニーが始まった。


私は、母親の影響で鳥がまるっきりダメなので(母親は小さい時に、ニワトリに追いかけられて以来、鳥恐怖症である)、鳩を掴むことがどうしてもできなかった。


けれども、眉毛が繋がった少年は、つぶらな瞳で鳩を差し出してくる。「ほら、飛ばしてごらん」と言うように。

 

健気な彼の姿に、「せっかく用意してくれたのだから」と右手を出してみるも、どうしても鳩を掴むことができない。


すると、弁護士が私を説得しようと叫び始めた。(きっと、法廷でもこんな感じ?)必死に訴えているけど、トルコ語だから分からない。


アイシェの方を見るも、彼女も「英語では何て言うんだろう?」という表情。iPhoneを取り出し、Google翻訳を開いた。


Google翻訳はすごい。トルコ語から日本語に、いとも簡単に翻訳してくれる。

 

弁護士がひたすら訴えていた言葉がiPhone に表示された。「飼いならす」だった。

 

「この鳩は『飼いならす』の鳩だから大丈夫。怖くない」


彼女たちはGoogle翻訳のとおり、日本語で「ka i na ra su」と言い始めた。

 


Don’t be scared. This bird is “Kai I Na Ra Su”!

 

怖すぎる。

 

鳥も怖いし、複数のトルコ人が「飼いならす」と唱えているのも怖すぎる。

 

しかし、この場面で「いや、私は鳥が怖いのよ。母親も怖くて。なぜなら、母は小さい時にお祭りで買ったひよこがまさかニワトリに育つなんて思っていなくてびっくりしたうえに、そのニワトリから追いかけられたんだから。そんな母に育てられて、私だって怖いと思っちゃうわよ。」なんて言えるはずもなく。

 

意を決して右手を差し出したところ、大きく後ろに転倒。尻餅をついた瞬間、鳩は勝手に飛び出してしまった。


飛んでゆく鳩を目で追う少年。その目の上の眉毛は、やはり繋がっている。

 

少年よ、ごめんなさい。

 

 

 

f:id:metooo:20181010143342j:image


f:id:metooo:20181010143346j:image

 

f:id:metooo:20181010145113j:image


f:id:metooo:20181010145109j:image

 

 

超ローカルなトルコ旅行の続きは、また今度。

 

 

※どう見ても少年に見えないと思いますけど、彼は学生です。