今日のこと。

ほとんど今日のことではありません。

スピッツの曲について

小学3年生のときの担任は、林田先生という若い男の先生だった。音楽の授業では、ピアノではなく、ギターを弾くタイプの先生だった。

 

林田先生は、毎月1曲歌を教えてくれた。

 

1月はスピッツの「チェリー」

2月はZARDの「負けないで」

3月はMr. Childrenの「終わりなき旅」 というように。

 

私たちはそれを覚えて、帰りの会で歌った。もちろん、林田先生のギターの伴奏で。

 

みんなが一生懸命歌うから、隣のクラスにも、その隣のクラスにも聴こえていたと思う。ひょっとすると、2階のフロア全体に響き渡っていたかも。そのくらい、みんな大きな声で歌ったし、私も大きな声で歌った。

 

スピッツの「チェリー」は、こう始まる。

 

君を忘れない 曲がりくねった道を行く

生まれたての太陽と 夢を渡る黄色い砂

 

この曲に、小学3年生で出会えて良かった。「負けないで」然り。「終わりなき旅」然り。

 

ちなみに、「曲」という字は小学3年生で習う。

 

曲は、「ま-がる」や「きょく」と読む。

 

私はずっと、こう歌っていた。

きみをわすれない きょくがりくねったみちをゆく

 

 

だから、みんなとテンポが合わなかったのか。

 

今はちゃんと読めます。

そして、カラオケでいつも歌っています。

 

林田先生、懐かしいなー。